自宅で出来る弓道稽古を始めましょう

弓道が上達するためには

弓道場では新型コロナウイルスの影響で稽古が出来ない 

そんなとき、自宅でも練習できたらいいんだけど。

でも弓道の練習は自宅でやるのは難しい。

まず弓が持ち帰れない。

持ち帰ったところで家では引けない。 

じゃあどんな練習なら自宅でできるのか?

今回は自宅でできる弓道の練習方法について考えてみました。

徒手練習 

何も持たずにまるで本当に弓を引いてるかのように体を動かすだけ。

初心者がこれをやってもただの型の練習にしかならない。
 でも弓道歴1年以上の人がこれをやれば、力の入れ方など実際に弓を引いてるときをかなり忠実に再現できるため、実際に弓を引くのとそこまで変わらない練習ができる。
 実際に弓を引くときとの違いはただ離れで的に中ったかどうかが確かめられないだけだ。
  徒手練習のいいところは癖も何もなくまっさらな状態で引けること。
  実際に弓を持つと変な癖が出る人も徒手なら出にくい。

集中して体の感覚を確かめながらやれば徒手でも相当質の高い練習ができる。 

たとえば一つの効果的な練習方法として、徒手練習をものすごい時間をかけてやる、という方法がある
  足踏み、胴作り、大三、引き分けなど射法八節すべての動作を30秒~1分くらいかけてゆっくり行うのだ。

足踏みから離れまでに5~10分かける。 こうするとどうなるかというと、ものすごくきつい。

このきつさが重要で、たとえば射法八節のどこかに歪みや悪い癖があると、耐えられない。
正しい射法八節をすれば体への負担が少ないので1動作1分でも耐えられる。

でも癖があると、一部分の筋肉に負担がかかるため、とても耐得られません。
これにより、自分の動作のどこが悪いのか確認できるはずです。
このように、時間をかけて徒手練習をするだけで超効率よく自分の射の悪い癖を見抜けるのだ。

この時間をかけての徒手練習を1日1,2回やるだけでほとんど射形が崩れなくなるはずです。
徒手練習を舐めてはいけません。まずやってみることです。

ゴム弓

徒手練習だけでもだいぶいい練習ができるが、徒手では感覚をつかみにくい練習がある。

それは「離れ」です

そんな離れの練習を効率よくできるのがゴム弓です。

ゴム弓を引くときは妻手の形をできる限り実際に弓を引くときに近づけ、弓手の手の内は完全に弓を引くときと同じにする。
この状態でゴム弓を引けば、質の高い「会→離れ」の練習ができる。

また、ゴム弓も徒手練習と同様、ゆっくりやることで自分の動作の悪い癖を確認するのにも使えるし、筋トレにもなるので一石二鳥です。

新型コロナウイルスの影響で弓道場再開にめどが立たない今こそ自主練習して感覚を保持することが肝心です。

コロナウイルス対策の大会・講習会中止のお知らせ

西部支部主催行事の及び埼弓連主催行事中止について

新型コロナウイルス対策につきまして西部支部及び埼弓連が主管している事業が中止と決定いたしました。

3月03日 埼弓連上尾月例稽古会・(3月4月の教室・錬成会)

3月08日 神奈川埼玉弓道指導者親善交歓射会 

3月19日 埼弓連大宮公園錬成会 

3月21日 西部支部特別講習会    

3月22日 西部支部総会射会 

3月26日 西部支部高校生講習会   

3月28日 西部支部特別講習会   

4月07日 埼弓連上尾月例稽古会  

4月09日 埼弓連大宮公園錬成会 

4月11日 西部支部講習会(二段以下・三/四段) 

4月12日 埼玉県第1回講習会   

4月16日 埼玉県第1回講習会   

4月18日 埼玉県第1回講習会   

 

第6回地方審査の結果

2月23日に埼玉県武道館弓道場にて第6回地方審査が行われました。

井上素行・後藤シズエ・岡田次雄・石井千春・向井真衣さんが

2段合格いたしました。    

おめでとうございます

弓道場に新しい巻き藁が来ました

巻き藁稽古の重要性を連盟員は再度確認してください。

巻藁では、的中を気にせずに練習を行なうことができるため、自己の動作に意識が向きやすく、弓道初心者だけでなく、上級者にも適した練習方法のひとつです。

正しいフォームと自己の修正点を確認することができるので、一定にできるようになるまで繰り返し練習することで効果が上がります。

巻藁練習は射法八節の動作を確認し、行射のよいイメージを形成するために有効な手段です。

初心者でなくても的前に入る前に、体を慣らす為や型確認の為に巻藁練習を行います。体だけでなく、竹弓の場合は巻藁練習で弓を慣らす意味もあります。

巻藁で練習をする場合は、巻藁との距離を2mあまりに保つようにします。

実際に矢を射る練習なので、前後左右をよく確認して行なうように気をつけましょう

巻藁練習の大きな目的は、射法八節を正しくしっかりと体に覚え込ませることを前提としています。

弓道初心者の他にも、早気などの射癖を直すために、会の伸合いや詰合いをしっかりと確認するために、上級者が積極的に巻藁練習を活用することがあります

第25回三芳町弓道大会の結果

10月20日に三芳町弓道場にて三芳町弓道大会が行われました。

向井チームが団体優勝いたしました。 

花的競技では加納・小原・飯塚・藤澤・於保・渡辺選手が射とめました。   

おめでとうございます

関東地域連合審査の結果

10月14日に埼玉県武道館弓道場にて関東地域連合審査が行われました。

西田洋一さんが五段合格いたしました。    

おめでとうございます

関東地区臨時中央審査の結果

9月15日に神奈川県武道館弓道場にて関東地区臨時中央審査が行われました。

高橋真理さんが六段合格いたしました。    

おめでとうございます

埼玉県勤労者弓道選手権大会の結果

9月8日に埼玉県武道館弓道場にて第57回埼玉県勤労者弓道選手権大会が行われました。富士見市弓道連盟からは9名(3チーム)が参加いたしました。

6中以上が予選通過でしたが富士見Cチームが7中で予選通過しました。

結果

個人戦  3位 向井     (敬称略)

おめでとうございます

個人3位になった向井真衣選手を囲んで連盟参加者一同の記念写真です。

令和元年度 西部支部選手権大会・他の結果

9月1日に所沢市武道館弓道場にて令和元年度第27回西部支部選手権大会兼武道大会選手選考会が行われました。総参加人数196名でした。富士見市弓道連盟からは24名(8チーム)が参加いたしました。

今回は富士見市弓道連盟は看的係りでしたので中リ・はずれの判定に一日中緊張の連続でした会員の皆様お疲れ様でした。

支部選手権大会結果

団体戦  2位 富士見Aチーム  野瀬・新井竹・平塚

     3位 富士見Bチーム  長瀬・小原・藤澤

個人戦  4位 野瀬

 

埼玉県武道大会出場選手候補者  野瀬・小原・長瀬     (敬称略) 

 

入賞おめでとうございます

令和元年度本多流通信射会の結果

8月12日に日高アリーナ弓道場にて第41回本多流生弓会西部支部 通信射会射会が行われました。近隣の弓道連盟から総勢72名を迎え炎天下の中20射を引きました。富士見市弓道連盟からは野瀬武博選手が参加いたしました。

入賞 18位 野瀬武博  

大会は本多流の演武から始まりました。本多流生弓会会員の秋山喜美雄・野瀬武博・西崎明伸の組立ち演武が最初に披露されました。

大会は20射で行われました。猛暑の中での競技となりましたが優勝者は20射18中と素晴らしい成績でした。

新座市弓道連盟主催50射会の結果

8月11日に新座市総合体育館弓道場にて新座市弓道連盟主催の50射会が行われました。近隣の弓道連盟から総勢51名を迎え炎天下の中50射を引きました。

富士見市弓道連盟からは5名の選手が参加いたしました。

入賞 2位 野瀬武博

   3位 山崎文男

   四ッ矢皆中賞 山崎文男

令和元年第43回読売杯争奪弓道大会・他の結果

8月4日に所沢市民武道館弓道場にて読売杯争奪弓道大会兼寿射会県県体出場予選会が行われました。

富士見市弓道連盟からは22名の選手が参加いたしました。

入賞 2位 平塚雄一 

   10位 向井真衣

県体出場 三段以下の部 石井千春 向井真衣 藤嵜健二    (敬称略)

他の選手も真夏の暑さの中の大会でしたが頑張りました。

令和元年 中部西部親善射会の結果

7月15日に日高アリーナ弓道場にて中部・西部の親善射会が行われました。

的中率で今年も中部支部が上回り、西部支部は7連敗となりました。

富士見市弓道連盟からは8名の選手が参加いたしました。

入賞 5位 平塚雄一     (敬称略)

来年こそ西部支部が成績を残しましょう。

令和元年 弓道教室5回目(最終回)

弓道教室が6月29日.最終回が富士見市総合体育館弓道場で開催されました。

最終回に参加した受講生と講師と体育館館長一同の記念写真です。

お疲れ様でした

令和元年 弓道教室開催中

令和元年の弓道教室が6月1日より富士見市総合体育館弓道場で開催されました

今年度は年一回の弓道教室となりました。

参加者は7名となり現在2回が終了しました。計五回の弓道教室があります。

平成最後の稽古

平成最後の連盟稽古が平成31年4月30日午後1時から五時まで富士見市総合体育館弓道場で行われました

連休中でしたが熱心な会員が集まり平成最後の日の稽古を楽しみました。

明日から令和の時代になります。

弓道の最高目標 真 善 美 を求めて頑張りましょう

 

平成31年遠的射会の結果

平成30年度西部支部総会射会の結果

3月24日に所沢市民武道館弓道場で行われた総会射会で

新井竹夫選手が5位入賞されました。

おめでとうございます

審査報告 第6回地方審査 上尾

2月24日(日)埼玉県立武道館弓道場にて第6回地方審査が行われました。

富士見市弓道連盟員の結果です。

 

二段合格 井手 均・長田樹里・蔵本留美・細川由江・井上智之

                         (敬称略)

 

おめでとうございます

縄文マラソンー5種競技(弓矢的あて)

平成31年1月14日 富士見市貝塚公園内で縄文5種競技のうち弓矢的あてが富士見市弓道連盟の担当で開かれました

第16回埼玉県武道大会の結果

11月25日(日)埼玉県武道館弓道場にて第16回埼玉県武道大会(弓道の部)が行われました。

富士見市弓道連盟から平塚雄一選手が出場して個人(成年男子)の部で見事2位に入賞いたしました。

おめでとうございます

第5回地方審査の結果

11月11日(日)熊谷公園弓道場にて第5回地方審査が行われました。

富士見市弓道連盟員の結果です。

 

初段合格 倉根照男・長田一樹

             (敬称略)

 

おめでとうございます

 

第22回三芳町弓道大会の結果

10月21日.三芳町弓道場にて三芳町弓道大会が開催されました。

参加者は近隣の連盟から117名の参加がありました。

富士見市弓道連盟からは21名の参加がありました。

矢渡しの後競技が開催されまず3人1チーム一人四つ矢計12射で争われました。

9中が2チームあり競射の結果、野瀬チームが惜しくも準優勝になりました。

昼食の後、花的点数制による個人戦が一手四ッ矢で争われました。

富士見からは渡辺選手が20点で優勝、野瀬選手が18点で準優勝になりました

個人戦では野瀬選手が四つ矢皆中賞を取りました。。

花的争奪戦があり、渡辺選手、鈴木明希選手、山崎選手が花的的中しました。

       おめでとうございます

第26回西部支部選手権大会の結果

9月1日に所沢市民武道館弓道場にて開催されました。

矢渡しでは介添えとして新井智子・高木真一さんが勤めました。

団体戦では予選通過3チームありましたが残念ながら入賞はありませんでした。

個人戦では7位に新井竹夫・10位に平塚雄一さんが入賞されました。

             おめでとうございます

連盟50射会の結果

8月19日に富士見市総合体育館弓道場にて猛暑の中50射会が開催されました

結果 一位 長根 操

   二位 平塚雄一

   三位 西田洋一 敬称略 おめでとうございます

 

読売杯・県体予選大会の結果

8月5日に所沢市武道館にて読売杯・県体予選弓道大会が開催されました。

連盟からは団体5チーム・個人2名計17名の会員参加がありました

結果

個人8位 新井竹夫

団体 4.5段の部   西田洋一・高木真一・新井竹夫 (県体出場)  

おめでとうございます

                           敬称略

外部講師特別講習会(四段以上)報告

平成30年7月29日(日)富士見市総合体育館弓道場にて外部講師特別講習会

(四段以上)が開催されました。

埼弓連副会長.範士八段飯島千代子先生をお迎えしての講習会でした。

指導も会員一人一人の欠点を的確に指摘指導していただき.内容の充実した一日となりました。

今日の教えを明日からの稽古に活かしましょう。

 

外部講師特別講習会(三段以下)報告

平成30年7月22日(日)富士見市総合体育館弓道場にて外部講師特別講習会

(三段以下)が開催されました。

新座弓道連盟所属の教士六段斉藤和子先生をお迎えしての講習会でした。

猛暑の中での講習会でしたが内容の充実した一日となりました。

今日の教えを明日からの稽古に活かしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

講習会のお知らせ

3月21日 特別講習会中止

3月28日 特別講習会中止

審査会のお知らせ